読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うつで引きこもり、コミュ障こじらせた真面目系クズが、誰もが羨む理想の職場を手に入れて職場の人間関係を完璧に確立した方法紹介ブログ

友だちのいないコミュ障のまま新卒で社会人になった男は、社会の現実に打ちのめされてしまった。入社わずか半年で会社を辞め、うつ病になり、そんな「どん底人生」から、最高の職場で最強の立場になっていくまでの全てをお話します!

作業集中プログラム「効率よく作業効率を上げる方法!」 ~Level Easy~

ライフスタイルの形成

こんにちは!

 

イチです!

 

 

 

のんびりとしたいのですが、

時間をとるのが中々難しいこの頃。

 

ただ、大勢のお客さまの笑顔を想えば、

頑張っていけそうですね。

 

 

「イチさんは普段落ち込んだり、だるくなったり

そういう気分にはなったりしないのですか?」

このような質問をツイッターのDMで受け付けました。

いつもご愛読ありがとうございます!

 

当然ですが、私も一人の人間です。

俗っぽい部分もあり、だるい日々の連続に

うんざりすることも多いです!

 

というか結構だるいです!毎日!!(←おい)

 

 

 

そんな時、じゃあやる気も出さずに仕事に行くというのは

どうにも幸せでもなんでもないですね。

仕事が楽しいことは楽しいのですが、

やはり日々の疲れが集中力を削いでいきます。

 

 

デスクワーク等をされている方はその気持ち、

よくわかるのではないでしょうか?

毎日同じことの繰り返しで、

正直嫌だなあ、面倒だなあ・・・。

 

 

ただ、仕事なので手は抜けない。

集中力を高める方法は何か無いものか・・・。

 

 

でしたら、このような方法はいかがでしょうか!

 

その名もズバリ、

 

ポモドーロ・テクニック!!

 

聞いた事あるでしょうか?

 

 

これはですね、簡単に言うと

仕事を集中して行うための時間術です。

 

開発者で起業家、なおかつ作家の

フランチェスコ・シリロさんが発明しました。

 

「ポモドーロ」という名前は、

学生時代に愛用していた

トマト型のキッチンタイマーのことを指すそうです。

 

イタリア語でトマトをポモドーロって言いますからね。

 

さて、そんなキッチンタイマーを使った

時間管理術ですが、方法はとても簡単です。

 

まず、集中して行う作業を決めます。

これは簡単ですね。仕事をする以上

誰にでも見つかります。

 

次に、タイマーを25分で設定する。

25分後にアラームが鳴るように

設定をしておくんです。

 

タイマーを起動して、25分間作業を行う。

25分間は集中しましょう。

最初の25分なら、なんとかいけそうですね。

 

そしたら、5分休憩をとります。

どれほど仕事が捗ってても、

そこで一度休憩をするんです。

 

再び25分の作業を行う。

5分の休憩中は絶対に仕事をしないで、

25分で仕事をするんです。

 

25分→5分を2回から4回ほど繰り返して、長い休憩をとる。

これで以上になります。気が付けば仕事、終わりです。

といったようになることでしょう。

 

 

時間活用なんて聞いても、ピンと来なかったのですが、

これを実践してみると不思議なことに、

休憩の5分間が非常に勿体ないんですよね!

 

 

家で作業を行う際は、仕方がないので、休憩の5分間を

筋トレに費やしています。かなり効率いいです。

 

 

 

ぜひぜひお試しあれ。

 

 

今回はこの辺りで記事を結びます。

いつもご愛読、ありがとうございます!!

 

 

よろしければ、こちらの記事も読んでくださいな!

↓  ↓  ↓

 

ichi23super.hatenablog.com