読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うつで引きこもり、コミュ障こじらせた真面目系クズが、誰もが羨む理想の職場を手に入れて職場の人間関係を完璧に確立した方法紹介ブログ

友だちのいないコミュ障のまま新卒で社会人になった男は、社会の現実に打ちのめされてしまった。入社わずか半年で会社を辞め、うつ病になり、そんな「どん底人生」から、最高の職場で最強の立場になっていくまでの全てをお話します!

【朗報】自分が何がしたいのか、わからない人へ(前編)

ライフスタイルの形成

 

桃の節句は昨日終わりましたよ!!

 

 

ということで(どういうこと?)、

 

 

こんにちは!

 

イチです!

 

 

桃、今年もすっごくよく売れたなあ・・・。

 

今無事に一仕事終えた余韻に浸っています。

最近忙しくて、ブログ更新が遅れてしまいましたね。

 

 

さて今回は、

目的や将来の夢が自分で決められない人にむけた

とある方へ向けたメッセージを記事にします。

 

 

毎度のことながら、

私の記事は主にTwitterからのご意見に対する

詳しい回答という形で成り立っています。

 

それ以外だと、日常の雑談になっちゃいますね(笑)

 

 

 

さて、毎日お仕事を頑張っている、とある方のご意見です。

 

 

=============

 

私には夢があったような気がするのですが、

 

本当になにがしたいのか、

なにがやりたいのか正直分からないまま

今まで生きてきました。

 

どうすればいいでしょうか

 

f:id:ichi23super:20170304192951j:plain

via www.photo-ac.com

 

==============

 

 

このご意見を読んで、あなたはどのように思われましたか?

 

主観的に見る場合と、客観的に見る場合

この言葉に対する印象は大きく変わると思います。

 

 

 

客観視した場合、この質問はとても不自然です。

 

「私のやりたいことが分からない」というのは

 

「私の好きな歌ってなんですか?」とか

「私の好きな花ってなんでしょう」とか

 

そういう質問をしていることになります。

そんなもの、本人にしか分からないはずなのに。

 

 

 

 

しかし一方で、主観的に読む場合。

 

私にはその気持ちがよく分かります。

 

苦悩していると、周囲が全く見えなくなる。

完璧主義でいると、余計に周りが分からなくなる。

 

 

私もうつ病を患っていた時代、ぶつかった問題です。

 

 

 

うつ病時代の私の話はこちらの記事で

↓   ↓   ↓

ichi23super.hatenablog.com

 

 

 

 

私も含めてなのですが、こういう人は今までに

自分のやりたいことをやったことがないんです。

 

だからこういう人は、

やりたいことをやる感覚さえ分からないんです。

 

 

 

毎日が充実していない人ならば、

もしかしたら一度はぶつかる悩みかもしれません。

 

正直な話、こんな悩みを抱えている自分にとっては、

人間関係がどうとか言っている場合ですらないんです。

 

 

 

このお悩み、原因は十中八九

ご両親が関わっています。

 

 

 

 

私の思い出を例に説明しましょう。

 

 

=================

 

私はかつて完璧主義でした。

完璧主義の詳しい話は、また近いうちに記事にしますね。

 

 

完璧主義なので、周囲の期待に応えようとします。

 

特に両親からの愛を受けているため、

両親に対しての期待に強く応えようとします。

 

 

両親が期待した自分

になろうとしておりました。

 

 

親の言うことを聞いている自分は、

親が認めてくれるに違いない。

 

親が言った習い事をしていれば、

絶対に世間からも評価されるに違いない。

 

 

無意識なんです。

自分はこうあるべき。

いや、むしろこうでなければならない!

というレベルにまで考えています。

 

 

高校を卒業して大学生になっても、

社会人になったとしても、

そんな周囲、特に親の期待に応える人間であり続ける。

そんな良い子を演じてしまう。

 

 

だから、今まで自分で決めて取り組んだことなんて何もない。

 

自分がやりたいことをやった経験が無いんです!

 

 

よって、自分が何がしたいか分からない。

などという悩みに直面するんです。

かつての私が、そうであったように・・・。

 

 

=================

 

ご両親に対して、子供は本当に信用を預けています。

生まれた時からお世話してくれた人たちですから。

 

そうなると、ご両親の言うことは全て正しい。

森羅万象、全てに通ずるんだと錯覚します。

 

自分のやりたいことを我慢して、

親の言うことを聞き続ける。

 

やがて自分が我慢していることさえ

気付かなくなってしまう。

 

 

こうなってしまうと、もう自分では脱出不可能です。

 

いくら自分でやりたいことを考えようとしても、

その方法を知らないから永遠に答えは出てこない。

 

 

やがて、やりたいことなんて見つからずに途方に暮れる。

 

毎日どうして生きているのかさえ、分からない・・・。

 

 

 

 

とてもつらいことです。

 

こういう場合、やりたいことを見つけるのには

とても長い時間が必要です。

 

 

さて、今日はここまでとします。

 

後編中編に続きます。

(後編書いていたら長くなったので、さらに二つに分けます)

 

中編では、こういう悩みを抱えた時、

どうすればいいのかをお話します。

 

明日か明後日に記事をあげますので、

 

まずは落ち着いてお待ちください。

 

 

 

職場に関する悩みの解決策として、

こちらの記事を読むことを強くオススメします!

 

メルマガも数日後に復活しますので、

よろしければどうぞ!!

↓   ↓   ↓

ichi23super.hatenablog.com

 

 

 

 

ではまた次回!